エンジンチェックランプ点灯  診断からご案内まで☺️

 

整備の点検でよくお電話を頂くのが

『エンジンチェックランプの点灯』

 

今回もエスティマにお乗りのお客様が点検にいらっしゃいました🚙💡

 

メーター内にオレンジ色で二つのランプが点灯していました💡

 

こう言った時はまず、故障診断機G-scanを使用して

車両にどんな異常が出ているのか

『故障コード』の有無を確認します🔍👀

 

ステアリングの下あたりに機械を繋ぎ

画面を操作☝️

車検証の情報を元に

メーカー、車種、型式、エンジンの型式、年式を順番に

入力し設定👇

全ての情報が入力できたら

診断開始❗️🔍🔍🔍👨‍🔧

すると・・・

何やら故障箇所の結果が出てきました💡

これを元に、何がランプ点灯の原因なのか

その原因を直すには何を修理したら良いのか

緊急性があるか❓無いか❓を

整備士が判断し、フロントスタッフへ報告🙆‍♀️

 

 

今回のチェックランプ点灯の原因は

こちらのお車がハイブリット車で、ハイブリットバッテリーの故障💦

メインのバッテリーの交換が必要との判断でした😭

 

診断がついたら、フロントスタッフがお見積もりを計算し

分かりやすく❗️を心がけご説明💡

お客様と一緒に、今後の進め方などを相談💁‍♀️✨

 

こんな風に日々、工場と事務所間で連携しながらお客様のお困りごとを解決しています😊🍀

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA