エクストレイル傷修理❶

ボンネット塗装の件でご来店頂いたお客様。

 

傷が出来てしまった事をきっかけに、修理に必要な工具をひと通り揃え

ご自身で何度か修理をやられてきたそうです

ご自宅のカーポートの周りもぐるりと囲って ブースのようにして修理をされていると伺った時には

本格的で凄いな〜とも感じました👀‼️

 

お客様がチャレンジして修理したエクストレイルのボンネットですが

修理が上手くいかず、ご自身でどうにも出来なくなってしまった…と helpのご依頼となりました。

 

ボンネットの状態を確認!

全体が傷だらけで艶がなくなっています😱

 

パテが付いていそうな箇所があるのでサンダーで研いで見ると…?

サフェーサーが出てきました!

もう少し削るとパテが出てきます。

 

しかしこの黒色何かがおかしい‼️

400番の黄色ペーパーをサンダーに付けて研ぐのですが

ペーパーに黒色のダマができて削れなくなります😱

これは塗料が何らかの理由で硬化していない状況😅

市販の塗料を素人さんが使った時に、たまに見かける光景です。

極端にイメージすると、固めるテンプルで固めた油みたいな状態。

想像出来ましたでしょうか?

 

塗料が完全硬化していないので、簡単に傷も入る上に

シンナーで拭いてみると秒殺で黒色が取れていきます😱

 

このままでは塗装出来ないので全部塗料を取ります!

この作業がとても大変😭

剥離材をたっぷり付けて剥がしていくので、床に墨汁のような黒色が広がっています。

新車の塗膜はこのような剥離剤で 溶け出す事はありませんのでご安心くださいね💡

 

ふー😂💨

30分以上もの時間が掛かってようやく綺麗に取れました。

 

作業の続きは明日のブログで👋😊

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA