いつの間にか広がっていた錆👀

 

気がついた時には錆びてきて・・・

スペーシアのサイドシルの上部と耳の部分の塗装が割れ鉄板が剥き出しになって

しまった箇所から赤茶色の錆が発生していました😣

▲この位置です💡

おそらく乗り降りする際などに引っ掛けてしまったり

縁石にひっかけてしまったりして傷が入ったのでしょう・・😭

 

▲アップにするとこんな状態です。

 

今までにもご紹介させて頂いた通り、

サイドシルは簡単に交換できるパネルではありません💦

ご予算的にも大きくなってしまう・・

ただ、今の状態であれば深いところまではまだ錆は広がっていないであろう👨‍🔧💡

 

といったところでお客様をご相談の上、

今回は、錆びているところを削り落とし部分的な塗装をする形での修理に決定☺️🙌

 


 

ベルトサンダーを使用して錆びているところを削り落とします💡

できる限り錆の再発を遅らせてあげるため丁寧に取れるところは綺麗に

 

削り落とした後にはたっぷりエポキシの防錆剤を塗布して

外側からの刺激をシャットダウン⚡️

しっかり乾燥させた後には

板金パテ&仕上げパテをのせ形を整えたら・・

このような感じです😊

耳の部分が見づらいので拡大🔍👀

 

その後は塗料の密着の効果をアップさせることと防錆の効果もある

サーフェーサーを塗ってあげます🙌

これで塗装の準備完了👍✨

あとはボディ色に色を吹き替えて、クリアを吹きかけてあげたら・・・

出来上がり☺️🍀

 

知らず知らずのうちに傷つけてしまっていて気がついた時には

広範囲で塗装が割れていることも多くあります💡

これから冬を迎え、下廻りを擦ったりぶつけてしまうことも多くなってくる時期😱

何事も早期発見が良いので、

洗車の際や、ふとした時にご自身のお車を覗き込んでみてチェックしてみてくださいね☺️✨

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA