フロントの損傷でエンジン交換まで!

鹿との接触によってフロントを損傷した車をお預かりしました。

走行しているスピードによっても変わりますが

あの大きな体🦌とぶつかってしまうと、車の方に受けるダメージも大きくて当然です💦

ですが、幸いお客様にお怪我は無かったようなので、安心しました😣‼️

 

お車はというと、フロント周りの損傷は中のラジエーターにも破損が見られ

クーラントは空っぽの状態です💥

 

エンジンの無事を願いながら、クーラントを補充して、いざ始動!!

ブルルン ブルルン…🚗💭

… あと一歩っていう感じなのに😅

エンジンの始動には繋がりません。

 

入れたクーラントは吹き返し、プラグホール内に混入。

 

残念ながら、壊れてしまっていると判断されました😵⤵︎⤵︎

 

 

エンジンはリサイクル品で手配をし交換しちゃいます♻️💪

 

▼エンジンをボディから取り外し

▼残されたボディはこのように

▼この新しいエンジンを乗せます

 

エンジン交換した後は、オイルを交換してコンディションを整えるのですが

抜いたオイルの色は何とも言えない白濁した色に。

自然な色のオイルは、少し茶色がかった透明色~茶褐色です

どうやら吹き返したクーラントが混入して、パイプ類に残っていたオイルと混ざってしまったようです。

 

その後、もう一度オイルを入れて抜いてを繰り返し

やっと通常の色に戻ってきました👍

 

そしてもう一つ、エンジン始動した時に 車両後方では驚くような光景が😱💥

白煙で工場内が真っ白になってしまうくらい👀!!

排気管にもクーラントが入り込んでしまったのですね。

 

無事にエンジン交換も完了し、外装パーツも元通りに

 

大きな修理ではありましたが、綺麗にお直しして無事に納車となりました🤗

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA