サイドシルの凹み。交換ではなく板金で直そう💪✨

 

『いつぶつけたのか分からないのですが気がついた時にはこんな状態だったんです💦』

と、アクアに乗っていらしたお客様👩

 

車の状態はというと・・

ドア下のサイドシルというパネルが広範囲で凹み

上の方は錆が出てきています😢💦

錆が出てくるまで気づかず、錆を見て凹んでいることに気づいた様子💡

 

サイドシルは他のパネルと違い、鉄板がすごく硬いので

板金するのが難しいことが多く、交換と判断されることがほとんどです💡

今回も交換をするお話でお車をお預かりしました🚙

 


 

お車が入庫して、板金屋さんが車の状態を再度確認👀

表面の塗装を削って見てみると、思いのほか錆が鉄板の深くまで広がっていないことが判明✨❗️

👨‍🔧『これなら交換せずに板金で修理できそうだよ👍✨』

と、心強いお言葉が☺️💓

 

サイドシルのパネルは後ろ側のフェンダーまで繋がる大きなパネルなので

新しい部品を必要な箇所でカットして溶接して・・と交換するため、

どうしても先々接合部からの錆が発生してくるリスクが💦

板金で修理を進められると車体にとっても、ご予算的にも大分抑えることができます🙆‍♂️✨

 


 

表面の塗装を研いだら

ハンダを使って凹みを引き出します💡

サイドシルの硬いパネルを引っ張り出すため

面の広い工具をハンダでくっつけて強力に引き、大まかな凹みを出します💪

▲作業後

その後細かいラインなどを調節するため少し小さい薄い鉄板を

ハンダで溶接し、同様に引っ張り出します💡

後は表面の凹凸を整えて板金作業から塗装の工程へと移ります🏃‍♂️

 

サイドシルの凸凹している表面を元の形に形成する板金パテをのせ硬化

⬇︎

表面を綺麗に整える仕上げパテをのせて硬化

 

そしてボディ色へ塗装して・・・・

塗装完了🙆‍♀️✨‼️

 

後は、外したドアパネルを元に戻してあげて洗車・点検をしたら作業完了😊

 

当初は交換で進める予定だったため、ご予算的にも負担の大きくなることから

不安に思っていたお客様も、この仕上がりと予定よりも安価で修理ができたことに

とっても嬉しいですと、ご満足頂けました☺️🍀

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA