こんなにも進行しているなんて…😱〜クォーターに発生した錆〜

良く見かける錆と言えば、この部分👇

⬇︎ 🔍拡大

 

気がついた時には、大きく錆が膨らんでしまっている…

なんて事も良くあることです😢

 

今回、お預かりしたお車もそうでした。

パッと見た感じでは、ちょっと錆が出てきたかな?

…と思う程度で、そこまで腐食が進んでいるようには見えません。

 

ですが、こちらの画像をご覧ください👇

塗装を少し剥がしてみたのですが、この錆がどんどんと先まで続いています。

錆の終わりが見えない事に、少し恐怖を感じてしまうほど…😱💥キャー

 

錆の進行具合によって、修理 又は パネル交換 のどちらかになりますが

今回は、思ったよりも進行している様子だった事もあり

パネル交換の方向で進める事にしました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

クォーターパネルは外側と内側の2枚合わせになっている構造。

クリップやビスなどで留まっているパーツではない為、外すと言っても簡単ではありません

▲このように、スポット溶接されている部分をドリルで一つ一つを揉んで外していきます🌀

カットする位置まで、この溶接箇所の通り外しが一通り終わったら

次はパネルを少しずつ切り取って外してしまいますよ〜✂️

 

 

▼こちらが綺麗にパネルが外れた様子

 

 

▼外れたアーチ部分はこのような感じ

鉄板は侵され 脆く、ペラペラになっています💦

 

サイドシルに向かっていく方は

この辺りかな?と位置を決めてカットしている物の

錆はそれよりも先に進んでいます。

↓  付け足しカットでこのように

 

 

給油口周りにも錆が出やすいこちらの車種🚙

やはり同様に、中では錆が進んでいました。

 

表には出ていない部分なだけに、このような光景は結構衝撃的です😢

 

こちらのお車の修理の様子は、また明日ご紹介しますね♫

お楽しみに〜🤗

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA