小範囲でも綺麗に仕上げる‼️

「この傷、直してもらえるかい?」

と修理をアウディの修理をお任せ頂きました。

傷はキャッチの部分と、ドア&クォーターの2箇所。

少しでも安価で出来る方法を考え、今回キャッチの部分は我慢❗️

ドア&クォーターの方は小範囲で修理をさせて頂きました

 

下地作りはいつもの工程☝️

一つ一つの作業を丁寧に取り進めます。

今回は塗装後半の作業様子をご紹介🤗

 

サフェーサーを塗布した後、研ぎの作業まで終えたら

クィックベース で油分やゴミを取り除きます。

キャッチの隙間なども抜け目なく

部分塗装の場合は、車種やお色にもよりますが

経年でぼかし目が出ててきにくくする為に、このようにガスプライマーを塗布‼️

ドアを開けた中の部分にも塗布しています。

 

そして塗装しない範囲は養生を。

細かい作業ですが、塗装屋さんの腕💪にかかるとあっという間😊♬

 

この後はブースへ移動🚙💨

 

 

 

最後に塗装をかけて、仕上げの作業が終わったら出来上がり🎉

 

完成写真📷を撮りそびれてしまいましたが…💦

お客様には喜んで頂ける仕上がりとなったので大成功です👏☺️

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA