ウェイクのバンパー交換、フェンダーに隠された秘密とは⁉️

バンパーをぶつけてしまったとご相談にいらしたウェイクのお客様。

バンパーは確かに壊れていますが、

それだけではなく…壊れている箇所があるんです!

 

こちらの車両、ダイハツウェイクは、フロントフェンダーが樹脂でできているため

バンパーの取り付け箇所は専用ブラケットではなく、フロントフェンダーの一部がその役割を担っています。

ということは!?

 

そうです!バンパーの取付箇所が壊れてしまった場合、

フロントフェンダーも同時に交換が必要になってしまうのです💦

とは言っても、樹脂製のフェンダーはスチールのフェンダーと違い

バンパー同様、車体色が塗装された状態で供給されているため

すぐに交換することが可能なんです。

 

正面から見ると

バンパーの隙間から見えるのは、

クーラーコンデンサーというエアコンの装置。 曲がってます🧐

バンパーを外したすぐ内側に、このコンデンサーが取り付いているのですが、

クーラーコンデンサーが固定してある場所は、車の一番前にある骨格部分👀‼️

 

骨格が押されて変形し、後退している状態です。😩

 

本来クーラーコンデンサーも交換した方が安心ですが、今のところはガス漏れも発生していない様子。

 

今回は自費で安価に済ませたいため、コンデンサーはそのまま修理せず、

骨格は簡易的な方法で修正することになりました。

ヒィィ💦こんなお顔に…😱ノーメイクすぎるっ

 

 

 

その簡易的な修正とは…!!

これです👇‼️

クリックでInstagram動画へ

 

この写真と動画を見たお客様

「え、どういう状態ですか!? こんな感じで直すんですね!」と興味深々😊

綺麗に直って、安心していただけたことと思います。

 

また、困ったなと思った時は、いつでもご相談くださいね!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA