ルーミー ドア修理

ルーミーのドア修理をお任せ頂きました!

ドア全体に、白っぽく広がっているのは傷です。

そして下部(囲っている部分)には凹みがあり

パテ付けされたような跡も発見👀‼️

 

お話を聞くと、傷がついてしまったので

まずは自分でやってみよう!とチャレンジしてみたんだとか✊✨

 

購入したばかりのお車のようなので

修理方法をご相談した結果

ご予算は少しでも抑える方法で、綺麗に修復することにしました。

 

その内容としては、ドア全体の傷修理がメインとなり

下部のパテ付けされている凹みについては

板金修理は行わず、表面の凸凹のみを平らにする方法となります。

 

修理の際、本来ドアは車体から取り外して修理を進めるところですが

車体に付いたまま修理を進めます!

これも費用を少しでも抑える為の工夫です♬

 

ドアミラーとキャッチを外したら

ドア全体の傷を研ぎ、パテを塗布して下地作りをしましょう。

 

パテが固まったら、余分なパテは取り除きます。

 

そして次は、サーフェーサーを塗布。

防錆&塗装の密着を高める為の作業です✨

 

この後はブースへ移動し、塗装スタート。

塗り終わった後の様子がこちら💁‍♀️

 

最後に外した部品をそれぞれ元に戻したら完成〜👏🎉

 

とても綺麗に仕上がりました😆👍

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA