FRPバンパーの修復 〜材料編〜

冬の穴ボコに落ちてしまいフロントバンパーが破損しているお車のご相談を頂きました。

 

バンパー本体は、取り付け部に亀裂が入っている状態です。

割れている部分のモシャモシャした感じから

素材は「FRP」だとわかります。

 

そして、こちらの網の部分も外れグチャっとなっていました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜FRPバンパー修理前の下準備〜

 

そのそもFRPとは?と思う方もいるかもしれません。

過去の記事でも紹介していますが、少しだけおさらい✏️🗒

 

バンパーはプラスチック素材ですが、その種類は様々です。

プラスチックにガラスなどの繊維を混ぜ込む事で

軽さはそのままでも強度が加わった物が出来上がります。

それがFRPと言われるもの❗️

 

▼こちらがその材料(左:主材/右:硬化剤)

中々、味があって良いでしょ〜?📸✨笑

 

サンドーマ(左:主材)は透明で、一見クリアのようにも見えますが

少し茶色味がかってますね。

この液剤2種類を 規定の分量で混ぜ合わせて

ガラス繊維を貼り付けする前の下準備を行います。

 

▼こちらは貼り付けをする、ガラスの繊維

ガラス素材なので、素手✋で触るとチクチクしていて危険ですよ〜⚠️🚨

 

準備が整ったら、いよいよ作業です❗️

月曜日のブログではその過程をご紹介🤗

 

お楽しみに〜🍀

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA