リアバンパー バックフォグ 加工取り付け

『ヴィッツのリアバンパーにダクトを付けたい』

・・・ん、ヴィッツのリアバンパーに??

ダクトって何のことを言ってるんだろう?

 

入庫して確認してみると、なるほど

これのことね!

バンパーを新品そのままで交換すると

穴が開いていない状態が標準なので、加工が必要です。

ただ、オプション品は 全くの社外パーツ取付とは違うため、

新品のバンパーの裏に

ダクトの罫書き線があります!

よかった!! これはありがたいです!

 

 

罫書き線って、 どこだかわかりますか?

ここです

 

 

新品のバンパーにエアーソーを使用し、

罫書き線の内側をくり抜くようにして

ある程度穴を開けていきます!

↑クリックで動画再生

 

穴をあけたら、次は罫書き線に沿って

ベルトサンダーでギリギリまで削り形を整えます!

↑クリックで動画再生

 

後はダクトをはめ込み、

バックフォグを取り付けして完成!

 

ほら! きれいに仕上がりましたよ✨

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA