窓ガラスが開かない!!その原因は?②

金曜日ブログの続きです ⏩

 

内張が外れたら、故障しているレギュレーターモーターの取り外しに掛かります💪

 

本来、ガラスはドア内部に収めた状態で作業をしたい所ですが

スイッチのオンオフには全く反応しなくなってしまった為

ガラスを取り外して作業をしていきます。

 

▼どうか一回動いて!とやってみたけど、ダメでした笑

 

ガラスとドアのこの細い隙間から工具を入れて、取り外しをしていきます!!

留め具を落としてしまわないように、慎重に。

無事に外れました。

 

そして、レギュレーターモーターが固定されているボルトやナットを取り外していき

やっと本体の取り外しが出来る様になります。

 

付け替える部品も、ボディに取り付けする前に

通電した状態で動作確認もきちんと行います💡

 

そちらを車体に取り付け✨

位置を一番下まで下げておきましょう。

そしてガラスを元に戻したら、バラした順番に組み込みしていきます。

 

その後はガラス自体の調整を。

今回のように、ガラス枠が無いタイプの車両は

ガラスが全開に上がった時の位置設定と、出っ張り具合や引っ込み加減を調整していきます。

リヤガラスと比較すると、手前に出ている状態だった為

微調整をかけながら元の状態に戻しました。

 

▼その調整はこれで!

 

正しい位置に戻っていないと、隙間から雨水や風が入ってしまう原因にもなるため

しっかりとした確認が必要です☝️😊

 

この後は内張を元に戻します。

通常とは少し違う方法での作業となりましたが、無事に終了です✨

 

ガラスが開け閉め出来る〜♬

当たり前に出来ていた事が、急に出来なくなってしまうと、とっても不便‼️😭

動きが遅かったり、ちょっと変だなぁと感じることがあったら

点検しておくと安心ですね👍

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA