タイヤハウス内の錆穴修理

フィットのお客様からお電話を頂きました☎️

『リヤの足廻りが錆で腐食してしまい車検が通らない状況だと他社で言われまして』

 

状況を詳しく伺うと、車検をお願いしたところで

この状態だと通りませんよ〜と言われてしまったそうです。

 

すぐにご来社を頂いてその状態を確認することに。

 

どれどれ〜?👀

それは右後ろのタイヤハウスを除いたとことにありました😱

 

こちらです。お分かりになりますでしょうか?

👇アップ

あら…大きな穴がポッカリと!!!!

 

ボディの錆は、人体に怪我を負わせるような突起した物でなければ基本 車検は通ります🙆‍♀️

ですが、足廻りの部分やフレームは安全面にも関わるところなので

こういった状況では車検は通らないのです😖

 

そしてお客様のお話を伺うと

近いうちに道外の実家へ戻ってしまうという予定があり

それまでに車検を完了しなくてはならない状況とのことでした。

 

それは一刻も早く何とかしなくては❗️と

早速、翌日にお車をお預かりしすぐに作業に取りかかる事にしました⚒

 

腐食が進んでいる箇所を出来る限り落として

新しい鉄板を穴を塞げるくらいのサイズに形成し溶接します。

継ぎ目部分はしっかりとコーキング&防錆処理を。

最後にアンダーコートを施工したら完了!

 

よし!これで車検も合格出来るはず💮✨

 

きっと安心して実家の方へお帰り頂けたことでしょう✌️😊

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA