ヴェゼル リヤゲート修理

先日、交換と判断されるくらいバックドアが凹んでしまい、修理来店されたお客様。

 

▼凹みが広範囲に及んでいます

 

安価でお直ししたい希望があり、同色のリサイクル部品をお探ししてみましたが…

残念ながら、見つからず😭

 

リヤゲートの修理は、再封印が必要だったり、リヤゲートに着くガラスを外さなくてはならない場合もあり、板金でも高額になってしまうことが多い場所です。

そのため、同じ色のリサイクルパーツが安価で見つかれば、板金をするよりも安く収まることがあるのです。

リサイクルパーツが見つからないのであれば、板金をして直すほかありません。

これは、やりがいのあるお仕事💪

気合いが入ります!!!

 

まずは接着板金・そして荒出しから

▼裏のシールが傷つかないように養生も怠りません。もちろんバンパーも。

 

ハンマリングで耳ならしから。

ハンマリングの音に耳を慣らすのではなく、ミミと呼ばれるドアの端の部分を真っ直ぐに平す(ならす)作業です(笑)

▼ハンダとスタットプーラーを巧みに使い分け面出しをし形を整えていきます。

 

▼上手く形を引き出す事に成功😄

 

次はリヤゲート塗装

 

▼板金で綺麗に凹みが修正された箇所にパテを付けていきます。

 

▼そして、塗料との接着力を強くする為にプライマーを塗ります。

▼そして塗装完了

 

この後は組み付けをして、完成〜🙌🏻

 

▼このような感じに形もきれいに復元され、うまく仕上がりました♪

 

完成後は、お客様がご来店され

お車とご対面〜🚗👀

そして一言…『流石ですね!!』

🤗素直に、嬉しいお言葉です😆♪

 

修理の工程をiPad📱で順番にお見せしました。

とても喜んで頂く事ができ、嬉しい納車となりました🌟

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA