車のキーレス 反応しない時は

このところ、冬の寒さがだんだん身に染みるようになってきました。

マイナス気温になると、ヒトの体もコチコチになりますが、

車の部品もコチコチになりますし、

電気系統も動きが鈍くなってきます。

 

液晶のついた電気製品など、寒いところに置いておくと表示がぼ~んやり、ゆ~っくり、

温まるまで動かない!なんて経験ありませんか?

 車のバッテリーも急激に性能が落ちてしまいますし、

車のドアを開けるキーレスも、

小さなボタン電池が入っていて、

寒くなると反応が鈍くなってドアが開かない!という現象が続出しています。

 

うちの社長の車もそう! 毎年、冬の寒い日はエンジンが掛からないと言っています。

 


キーレスの反応が悪いとき


① 手で温めてみる

(笑)意外と動くことがある

② キーレスの電池を新しいものと取り換える

電気屋さんなどにも売っていますがテクニカルオートにも常備しています

 

多くの場合は電池を取り替えると反応しますが、

温めても、電池を取り替えてもダメな時は、

キーレス自体の故障又は車体側の受信の問題、若しくは鍵開閉の動作をしている部品の故障などなど。

 

キーレスのリモコンでドアが開かない時は、

リモコンから板キーを抜き出して、鍵穴に挿して開錠し、

エンジンを掛けるときは、リモコンキー本体で直接スタートボタンを押してあげましょう。

イモビライザーが反応して、エンジンが掛かります。

こちらを参照

▶過去ブログ「キーレス電池切れ エンジン掛かる?」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA