四輪アライメント計測で足廻りまっすぐに。

こんなとき、

先ずは四輪アライメントの計測を。

事故でタイヤの接触があった時

縁石にぶつかってしまった時

タイヤの減り方が偏っている時

.

.

足廻りが、

がに股・内股・ハの字・ソの字 等と

正常じゃないと、

タイヤの偏磨耗や燃費の低下、

その他間接部やミッションへの影響を与える可能性も。


🔷四輪アライメント三次元計測

▼タイヤ全輪にアタッチメント装着

▼センサーで、傾きや角度をキャッチ

▼モニタで確認しながら計測

▼計測した上で一度後ろへ動かして戻す!

▼モニタにはこんな風に表示されます

▼タイヤに装着した装置と送受信

きちんとした修理、きちんとした確認が

車を長持ちさせる秘訣です✨

新車だからといって安心してはいけません。

最初から狂っていることもあります💧


場合によっては、中古で買った車に修復歴があり、そもそもの直し方が悪くて足廻り調整で終わらない場合もあります。

どのような状態か、知ることが大切です。


気になる方は、早めの健康診断が

安心ですね!☺️

ブロックの塊に乗り上げ……。走っても大丈夫かしら?

車の裏側(底面)見た事ありますか?

一人目のお客様は、登りの旗の土台に乗り上げてしまい、バンパーと足回りとフロアを損傷(>_<)

前にも後ろにも動かず、

とりあえずJAFに助けてもらい、

☎️「車はなんとか動きそうなんですけど、

すぐに見てもらえますか?」

幸い近くの場所での出来事で、

すぐに到着できました。

👩🏻‍🔧「ご説明しますので、工場に来ていただけますか?」

🤷🏻‍♀️「私なんかが見て、わかるかしら」

車をリフトにあげて、

一緒に損傷箇所を確認をしながらご説明。

「えーっ、こんなになってたの?」

どこか外れてしまっている訳ではなく

ガガガガッと当たって凹んで変形して、という状態でした。

心配なのは、足廻り。タイヤに直接繋がって支えている部分に、損傷を受けています。

わからない時は、状態を目で見るのが一番です。

損傷を受けていても、支障の無い部分と心配な部分があります。

不安な表情のお客様を見て、、、

👨‍🔧「今、計測して調べてみましょう!」

実際に足廻りが損傷しているか確認する為に、

四輪アライメントで測定してみると

…やっぱり少しずれていました(>_<)

🤦🏻‍♀️「外装は後でも良いので、

先に足回りを直したいです…!」

👨‍🔧「わかりました!少しお待ちいただく時間はありますか?」

1時間ほどお待ちいただいている間に、

足回りの狂いを調整して、

狂った計測値、直した後の計測値も見ていただき

お客様は、ホッとした表情に。

そのまま、無事にお返しできました(^_^)