知らないと危険!-車高-

駐車場や、高さ制限のある場所への進入。

標識や看板をうっかり見落としてしまうと大変なことに。


高さ制限には気を付けて!


▼標識のある高架下や駐車場

屋根をぶつけて、大きく傷が入ったり凹ませてしまうと修理は簡単じゃありません。


ルーフ交換 作業中です


具体的なイメージとして、

どんな風に大変かというと、

▼屋根交換中はこんな感じ

▼枠しかない‼️

屋根を交換するときは、隣接するものを外すとぐるっと一周ドアもガラスも外れてガラガラに。

車内のシートも取り外して、ますますガラガラに。

屋根は視線の届かない部分なので、

『ぶつけちゃったけど、グッと元に戻して塗装して…』という頭の中のイメージがあったとしたら…。

持ち主の方がこの様子を見たら、

『え!これ私の車⁉️』と、ショックを受けるかもしれません💧

最近の軽自動車は、車高が高いものが多いです。車を買い替えたとき、今まで乗っていた車より天井が高く感じる時は、うっかり前の車の感覚で…なんてこともありますので注意を。

今、修理をしているこの車の高さは、車検証表記としては175cm。

アンテナも入れると180cm位かな?

スタッドレスに替えたり、タイヤのサイズを変えると、また微妙に変わってきます。

自分の車の高さはしっかり把握しておきましょうね。

事故はちょっとした時の、ほんの一瞬の出来事です。

徐行が必要な場所は危険なことがいっぱいですが、ちゃんと教えてくれる標識や看板があるので、気を付けましょう!


立体駐車場はもっと危険


ちなみに、立体駐車場はもっと大変です。

駐車場の中で機械に押し潰されると

こんな風になってしまうことも!

こわ~~~~い!!!

こうなると、車を買い替えた方が良いくらいの修理金額になるので、修理は現実的ではありません。

立体駐車場は、入ったとしても安心はできません! 高さ制限を守りましょう❗

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA