冬場の異音

前日までは普通に走っていたし、変な音なんてしなかったのに、今朝 車に乗ったら突然の異音が😭💦

『走り始めてから直ぐにゴンゴンって、なんか下の方から音がする!

速度と共に音が早くなってるし大きくなっている、車が壊れそうーー!』

そんな体験が、雪国ではあります(>_<)


◆原因は【 氷 】


プロペラシャフトに雪が付いて氷になってしまい異音につながります。

画像はロアアームですが、こんな感じで氷が付きます!

▼付着した氷

車体の ど真ん中を、前から後ろに長く通ってる棒みたいなのが、プロペラシャフトです。

ここに氷が付着すると、シャフトの回転と共に、固まった氷がグルグル回され、それが車体にあたって異音がします。

今まで雪が無かった所に雪が降った後、シャーベット状の道路を走った後、

そして朝は気温が下がって路面が凍っているようなとき。

そんなときに、特に多く見られます。

もし朝動かして変な音がするときは、見せに来てね(^_^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA