タイヤはいつまで使える?

夜、遅い時間

『高速道路でタイヤがパンクしてしまって…』と受け入れ確認で電話がありました。

自動車保険のレッカーサービスを手配してくれていたので、車は運んでもらえますが、

自分は? 置き去り?

タクシーを呼ぶにも場所は高速道路…しかも、夜中…

何とかなるとは言っても、相当、困ったと思います。


今回のパンクは、何かを踏んだ訳ではなく、タイヤの磨耗が原因でした。

どこまで使えるんだろう?と思いながらも、ついついギリギリまで履いてしまいがちなタイヤですが、

俗にいう、『スリップサイン』を目安にタイヤの減り具合を見ることはできます。

↑この目印のライン上、タイヤの溝の間にボコッと挟まるようにある凸状のものと、タイヤ接地面が同じくらいの高さになると買い換えサイン。


だだし、タイヤは、ゴムでできているため、山があっても経年でひび割れしてたり、空気圧が適正じゃないと片減りしたり……と、使用状況により様々です。

足廻りが狂っていても、片減りします。


事前に状態を把握しておくことで、急なトラブルも防げることもあります。


もし、うちのタイヤは大丈夫かな?と思ったら見せに来てくださいね!

タイヤの空気圧調整はサービスしますので、お出掛け前にお立ち寄りください☺

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA